未分類

家事のトラブル|ゴミ出しを捨てない姑にストレス!解決した方法は?

現在、奥さんの両親と同居しています。そこで姑がかなり問題のある人物で、今回はゴミをゴミ箱に捨てないという体験談や失敗談をしていきたいと思います。

ゴミを捨てない!義母はゴミを捨てられない人

ボロボロになったもの、もう臭くなってるなんかの布…私が捨てようとゴミをまとめていてもそれを床に広げて捨てさせてくれません。

今回はそういったプロフィールで触れた件とは少し違った内容で、ゴミをゴミ箱に捨てないという件についてを書いていきます…。

家事のトラブル!ゴミ箱に捨てないってどういうこと?

ゴミ箱に捨てないってどういうことか普通の感覚からしたらわかりませんよね?

元々ゴミ屋敷出身の方なのと、本当に何もしない怠け者なのでゴミ箱にまで移動することをしないということです。

だから、使用済みのティッシュなどもその辺に置きっぱなしにされていて、これを誰も片づけないので、仕事から帰宅してこれを私が片づけなければいけません。

初めての時はそれに気が付かず鼻水が手についておもわずのけぞりました。

ゴミ捨てをしたことがない人が知らない意外な事実

普通どこでもそうなんですが、ゴミって自然に消えませんよね?

決まった日に収集に来て回収されます。ですので、回収してくれるところまで持っていかなければいけないことは当たり前のことですよね?

ちなみにマンション自体についているので全然遠くはないのですが、姑は尋常ではない怠けものなので家から出ることはありません。

ですから分別しないと収集されないことも理解していないんじゃないかと思います。

普通の感覚からしたら考えられないですよね(苦笑)

段ボールはごみ箱の代用にはなりません!

義母がゴミを一カ所に寄せて床に置きっぱなしに…そんなこともあって、レジ袋にいれて放置しているくらいならまだマシなのですが、先日は段ボールに…段ボールの中に食べ物の残飯やティッシュなど入れられたらたまりません。

段ボールは古紙の日に捨てなければいけませんから分別が必要…。段ボールごとごみ袋へ~は無理なんです。

ゴミ箱があるのにそこまで行くのは義母にとっては遠すぎるのでしょう。何か理由でもあるのか…。

今まで出会った中でもいなかったくらい面倒くさがりで、手に届く範囲しか行動範囲がありません。

ダンボールにゴミを入れられても捨てる為にはその段ボールから出さなければいけません。

しかも、使用済みのティッシュや食べかす、プラスチックなどなど…一緒にされていたのを見たらたまりませんよね。

ゴミ出しという高等テクニックを習得していないので、ゴミを捨てるときにどんなことが起こるのか理解していません。

段ボールにゴミを捨てられてもその段ボールからゴミを袋に移さなければいけません。

鼻水のついたティッシュなんて触りたくないですよね…。ストレスが半端なかったですよホント。

部屋に大容量ゴミ箱を置くのはあり?なし?ゴミ袋はつけるのは常識では無かった

私は部屋の中にゴミがあるのが嫌いで、大容量のゴミ箱を分別の為に5つベランダに置いています。

部屋の中にゴミがあることがとても気になる性格というわけではありませんが、小容量にして出来るだけゴミは部屋内に無い状態を目指そうとしました。

ですが、姑は部屋のゴミ箱まで立ち上がって捨てに行くというアクションを起こすことはまず起こりえませんしその上嫁も結構面倒くさがりです。

「部屋に溜め込まないで外のゴミ箱へという旨を出勤前に伝えていくというなんか子供への躾みたいなことしていました。

正直そんな小さくありませんが、連日のことで、あまりにもひどいので…。

ある日、大容量のゴミ箱が部屋の中に…中々ゴミ箱にまで捨てに行く動作をしないことで部屋にゴミをそのまんまにされていることを考えると「まぁ仕方が無いか」と部屋内に大容量のゴミ箱を置くことを受け入れました。

ゴミ箱にゴミ袋をしないといけないことを知らない

大容量のゴミ箱にはゴミ袋をしないとゴミ袋に移す作業が大変でひっくり返すのも大変ですし、こぼれる可能性が高いですし、こぼれたら嫌ですよ誰でも…。

「鼻水のついたティッシュを娘の旦那に回収させるっていいの?」

ですが、するのは自分ではないと思っている義母はゴミ出しをしたことが無い人なのでゴミ出しをする人の気持ちがわかりません。

そんなこと普通の人からしたら考えられないかもしれませんが…。

「鼻水のついたティッシュを移さなければこのままじゃ捨てられないし鼻水のついた段ボールもたたまないと捨てれないって知らないのかな?」と嫁に不満気に言うと、「あなたは体調悪い時ないの?」

(体調悪いというのは言い訳…)

嫌なことさせられて怒られ嫌われる意味の分からない苦痛…ですが、嫁はゴミ袋をしないといけないことは知っているんですが、つけることはめんどくさがります。

そしてゴミ袋は結局誰もつけていないので、そのまんまで、私がいない時に嫁がたまにゴミ袋をゴミ箱から出すことがあります。

本人的には“家事やってる”なんでそうなんでしょうけど、ゴミ袋ははずしたまんまで、そんなんだから、義母がそのまんまダイレクトにゴミ箱へ捨てるという負のスパイラルになるわけです。

「またゴミ袋つけてない・・・もう勘弁して・・・」と思った次の瞬間…

なんと姑の使用済みのナプキンが入っていたのですが、何も考えず、そのまんま捨てて汚していることにそこまで考える能力が無いのか…と本気で驚きました。

勝手に誰かが処理してくれているとでも思っているんじゃないかと…。

「なにをそんなに怒ってるの?」と嫁から言われました。

なぜ共感してくれないのかが理解出来ないのですが、私が間違っているのでしょうか?

ちなみに義母の使用済みナプキンや使用済みトイレットペーパーが脱衣所に放置されていることも普通にあります…。

義母ゴミ捨て問題の解決方法!嫁をどう動かしたのか?

めちゃくちゃ悩みましたが、まず、プロフィールでも触れましたが「義母=ペット」と思うようにしました。

話も通じませんし、こちらが動かしたい方向に動かすこと自体が不可能ですし、嫁に指摘や注意しても逆に状況が悪化するだけなので、こんなふうにしました。

 

ある日使用済みナプキンとトイレットペーパー(もちろん使用済み)が忘れておいているのか?

脱衣所に放置されていました。このあとどうすべきか何パターンも考えました。

「このまま放置したらどうなる?」「明日もこのままだよな」

色々なシチュエーションを頭の中で考えた後、ちょっといつもよりドアを開ける音をたてて部屋に入って来たことを注目させたあとに、悲しそうな表情で目の前でそのナプキンをゴミ箱に捨てました。

不満気にゴミ処理していた時は、嫁からも「またなんか怒ってるめんどくせー」と思われていて相手にされなかったのですが、なんとも言えない感じに「残念だよ」アピールを無言でしてみたら、嫁は謝りに来てくれました。

姑はそのことを気が付いたのか気が付いていないのかわかりませんが、何のリアクションもありませんで、ゲームに夢中だったりします。

だってゴミはゴミ箱に捨てなきゃいけないっていうことが中々伝わりませんから…ダイレクトに伝えると嫁に怒られるので遠まわしにしか伝えきれていませんが、普通の人なら伝わるはずと思っています。

ですが、それでも変化が起きないことでどうしたものか…と、そんなところに精神を集中しても特に効果は見られませんでした。

嫁も姑が面倒くさがりで常識がないことをわかっているので、そこはカバーしようという気はあります。

ただ面倒臭がりなので中々行動には移しませんし、強制すると尚更やらないのです。

その時はただの面倒くさがりだと思っていましたが、私が思考を変えて注意したり指示したりしなくなったことで、自発的に動くようになったのです。

これは嬉しい誤算で、私がやりたくない姑の使用済みナプキンの処理は嫁がしてくれるようになりました。

やるように言うのをやめるということは効果的だったようで、使用済みナプキンを捨てていないことを指摘しても逆効果だということです。

姑の方も脱衣所に放置することはそれ以来無くなりましたので、ここも目の前で処理したことで効果があったのではないかなと思います。

ちょうどこの間ゴミ袋が切れた際にゴミ袋をつけていないゴミ箱に捨てられたことはありましたけどね!

こればっかりは習得に何十年も要する高等技術ゴミ捨てを一度経験させて、自然に消えるものではないというのを知ってもらわなければなと思っていますので、またこちらも改善が見えたら書いていきますね!